木曽漆器・松明塗

 

漆工房「石本玉水」は、木曽の漆器職人が住む町、木曽・平沢宿を流れる河のほとりにある。営むのは、代々「玉水」の看板を繋いできた石本則男さんと、同じく漆職人でその伴侶でもある石本愛子さん。

共に職人で伝統工芸士でもあるお二人は、食器からオブジェ、壁面内装まで依頼に応じてさまざまな仕事をこなす。そして漆の新しい可能性を常に求め、独創的な創作活動も続けられている。

 

工房 石本玉水

 

粗相の美〜松明塗   和魂洋彩 茶器、オブジェ、文箱など

 

粗相の美〜木曽義仲をイメージした堅牢・素朴な塗り

毎日手に取り、日に何度も口にふれる食器。それはひとに優しいものがいい。それが木と樹液(うるし)と布と土、自然から貰い、そして自然に帰ることができる食器。

そんな願いでつくられた日常の漆器「松明(しんみょう)塗」は毎日の暮らしになじむ、素朴でシンプルなデザインだ。

店舗にさりげなく掲げられた『堅牢素朴なジーパン感覚の漆器』という言葉に、工房を営む石本さんご夫婦の「漆器をもっと気軽に手にとれるものに、そして日びの暮らしを共に」という気持ちが表れる。

 

工房に並べられた食器たちはどれもみな、盛られた料理をイメージできるものばかり。手に取ってみると軽くあたたかく、やさしく手になじむ。

 

工房・石本玉水の店内1   工房・石本玉水の店内

 

 

碗いろいろ

引継がれてきた場所にある、引き継がれてきた形と色

 

 

大皿

ほたるの飛ぶ盆

 

 

松明塗

値段がついているので、ゆっくりと持ち帰りたい1点を選ぶことができる

 

 

この頁の先頭へ

 

 

工房の中には、乾燥を待つ漆器たちがそこかしこに置かれている。立体的に挽かれた木地の上に、刷毛をはこぶ手の勢いを生かしつつ黒と赤のカスレを見せて塗られたスパゲティ皿。

 

塗りあがった漆器(スパゲティ皿)

 

天然の木の肌合い、天然の土の色、そして天然の樹液の艶。

 

塗りの味わい

 

 

「風呂」と呼ばれる乾燥室へ漆器をはこぶ玉水さん。奥には濡らした手ぬぐいが下がっている。水を得て固まり堅牢な塗膜をつくる漆。その塗りは薄すぎても、厚すぎても硬化に影響が出るそうだ。

 

乾燥室(風呂)に入れる

 

時代が変われば、人も変わり、暮らし向きが変われば、食器も変わる。

「漆器っていうとね、いただいてしまいこんだりしてしまうでしょ。でもね、私達は昔から漆器でご飯を食べてきました。その食器は刷毛あとの残る本当に素朴なものだけれどとても丈夫につくってあって。毎日使う食器はたとえばジーパンみたいなもの。わたしたちもふだんは、バタバタしていると洗い物なんかばばばーっとやってがっさがさでしょ。そんなふうに使っても気がねのない漆器を私たちは作りたかった」と愛子さん。

何代もの間に培われてきた技と経験、そして逆転の発想と必要の美が作り出した、「しまいこまない」漆器たちだ。

 

木曽義仲塗   

 

 

木曽漆器 碗   木曽漆器

 

石本さんの漆器の碗を使いはじめて一年。

木地は薄く挽いてあり、軽くふんわりと手になじむ。

真冬、お膳に運んだ味噌汁が熱い。ご飯もちゃんと温かい。これは冬が来るたび引っ越しの話が出るわが家においては、驚くべき事だ。

陶器の食器と一緒に洗い、一緒に洗いかごに伏せる。放っておいて乾いたら一緒にしまう。これを毎日繰り返している。艶が出てきたように思う。

「何年か使ってもしも漆が傷ついても、修理します」とのことだが、それを理由に工房を訪ねるきっかけもまだない。

食器棚から漆器を出し、毎日使う。そのありがたさを私は毎日ごはんと一緒に噛みしめている。

 

→和魂洋彩 繊細・優美な漆芸作品

 

石本玉水 http://kiso.shikkikumiai.com/member/017/index.html

 

この頁の先頭へ