草木染め手織り松本紬

 

千と勢屋信州紬・青の万葉

「青の万葉」   千と勢屋ウエブページ・http://chitoseya.kakutarou.com/より

 

 

『武井豊子の仕事特別企画展』(於・松本市音楽文化ホール)2004年10月

かねてから、武井さんのつくる「信州紬」をこの目で見たいと思っていたところ、一日だけの展示がある事を聞いた。

図案、絣くくり、染色、織り、その他細かな作業まで全ての行程をひとりで行うという武井さんは、4年に一度しか個展を開かない。

行くことができなかった先の個展(帯展)が2003年。ということは、あと3年待たないとならない…

この機会を逃してはと、10月(2004年)のなかば、会場へと飛んで行った。

 

信州紬の帯

 

染織のことを詳しく知っているわけではないけれど、もともと私たちは全ての生活の糧を野山の恵みから得ていたのだから、化学繊維に囲まれて育った私にも、これら信州紬の持つ優しさと暖かさは伝わってくる。

着物がよそ行きのきらびやかなものとなり、殆どの日本人が着物を着なくなった今も、武井さんはひとり黙々と紬を織り続ける。

 

信州紬の帯

 

信州紬の国の指定技法は、「たて糸は絹糸又は紬を用い、よこ糸は真綿から紡いだ糸又は天蚕糸を使う」と指定されているそうだ。

武井さんは自ら野山を歩き、集めた材料でその糸を染める。100%の草木染材を使って作品を作るということは、今では相当の努力がいるのだろう。

生糸産業が衰退してしまったここ信州で、武井さんはより良い糸を求め、草木染材でその糸を染め続ける。

できあがるものは軽くしなやかで、着て丈夫な現代の紬織物だ。

 

信州紬の帯

この頁の先頭へ

 

美しく織られた糸が、日の光にかがやく。

手を触れてたしかめたくなる、やわらかそうな紬の生地

信州紬の帯

 

 

信州紬の帯「われもこう」

われもこうの花の赤は、コチニール。エンジムシ(カイガラムシ)から採る色素だ。

色々な木にくっつくのでこの白くて硬い虫を掻き落とすのだが、その時にびっくりするほど鮮やかな赤紫色の体液を出す。 この色が衣服につくと、まず、落ちない。

草木には害虫となるカイガラムシも、自然染料をつかう人たちには、なくてはならない有益な虫となる

 

 

 

信州紬「千と勢」

かりやすの黄色が、光に透けて黄金色に輝く。

尾形光琳作の「紅白梅図」、その金箔を貼ったとだれもが考えていた部分が、実はかりやすの黄と金泥で描かれていたことがつい先ごろわかった。

光琳は梅の古木の描画表現を大切にするため、画紙に顔料が染み込むよう箔を貼らずにこの技法を使ったそうだ。

かりやす染めの信州紬

そのかりやすの黄金色を、つい先ごろまで誰もが金だと信じて疑わなかった。

かりやすは八丈島の伝統紬、「黄八丈」のあざやかな黄色でも知られている

 

 

 

美しい虹いろが織りこまれたこの着物の名は「雨あがり」。

糸を織ることで、こんなに美しいグラデーションができるとは・・・本当に心から、驚いた。

コンクリートの建物の中で私は、まだすこし雨雲の残るうす紫の空に透明な虹がかかる、そんな景色を目の前にみていた。

信州紬「雨あがり」アップ

 

「雨あがり」信州紬

2004.10/17

この頁の先頭へ