悲しいケヤキ    「緑陰道路プロジェクト」に想うこと

このエッセイは平成15年に始まった街路樹の剪定方法を問う「緑陰道路プロジェクト」について、平成11年ごろの公共工事の状況を思い出しながら、当時(2004年11月)の私の考えを書いたものです。

現在、街路樹をとりまく状況も変わってきていることや、このページへリンクしてくださっているサイトもあることから、この記事の内容を校正して今回改めて書き直しました。公共工事に関して私の思い違いから、誤解を招く記述があったことについてはお詫び申し上げます。

訂正箇所については打ち消し線を引いて注釈をつけ、また削除した部分は注釈としてそのまま記事の最後に残しました。

2006.7.6

 

私(私)「こんちわー、どうもご無沙汰しちゃって…あれ社長なんか冴えない顔色で…飲みすぎ?」

社長(社長A)「いや違うよ、確かに昨日も飲んだけど。なんだい、さっちゃん今日は遊んでるんかい」

私「そうそう。社長だって遊んでるじゃん(現場に出てないと‘遊んでる’と言う)、いやたまたま近くを通ったからさ。」

社長「じゃ、あそこのケヤキ並木見たかい?剪定してあっただろ」

私「あ、ぜんぜん気がつかなかったけど…社長のとこでやったんですか」

社長「バカヤロウ俺はあんな仕事しねえよ。見てねえのかあのひどいケヤキの姿を」

私「そんなにすごいの?」

社長「ふてえ枝のまんなかでぽんぽん落としやがってよう。ひでえもんだよ悲しくなっちまうぜ」

私「でも、なんで?気持ちはわかるけど、けっこう見るじゃん、そういう剪定。」

社長「あそこはなあ前の時は俺がやったんだよ。」

私「あ、なるほど…」

社長「ケヤキの良さってのはなあ、あのすうっとした枝先の形だろ。それを…」

 

この続きの社長Aさん社長のケヤキに対する思いを語ると、ちょっと長くなるのでこれ以上は書きませんが、日本の街路樹の剪定については素人目にも余るものがあるようで、こんなものができました。

「緑陰道路プロジェクト」国土交通省

「枝や葉を切ることでせっかくの景観が台無しになってしまう」という納税者からの批判を受けて、国土交通省が平成15年度からスタートさせた、街路樹の姿と周辺の景観向上のためのプロジェクトです。

剪定を控える(極力剪定をしない)ことで、景観向上の効果や、また管理上の問題点を探る…ということですが、私はなんだかこの話に、たくさんの疑問が湧いてきてしまうのです。

道行く人が見て街路樹の姿が「悪くなった」と思うから批判が出るのでしょうが、そもそも「剪定を控える」ことのできる街路樹であれば、今まで剪定はしなくて済んだはずでは? …と思うのは私だけでしょうか。

私は街路樹には定期的な剪定が必要だと思っています。もちろん「悲しいケヤキ」は勘弁してもらいたいですが…これは「剪定」ではなく、「刈り込み」です。

 

→続きを読む

 

  • p1
  • p2
  • p3
  • p4
  •  

    ▲このページの上へ