やなぎ ゆう



柳  裕(柳井やない 寛かん)…本名:柳 裕典(やなぎ ゆうすけ


 
1928年生まれ 信州大学文理学部卒
1960年 殿内芳樹
とのうちよしき氏の詩誌『極きょく』に参加(その後は
      『森』 『しある』 『金沢文学』など)
1990年ごろから本格的に小説を書きはじめる。

1979年 長野県詩集作品賞(『傘』)
1996年 第7回日本海文学大賞 詩部門 奨励賞(『縄文イルカ迎え』)
1997年 第8回日本海文学大賞 小説部門 奨励賞(『ふたり夕顔』)
1998年 第9回日本海文学大賞 小説部門 大賞(『日かげぐさ』)

・映画評論・エッセイなどを『信州の東京』その他に発表

・信州大演劇部OB「やまなみ会」 上演作品 平家物語 脚本担当


  既刊詩集…『埋葬』 『八ヶ岳幻想』 『順子夢幻』ほか

   長野県安曇野市在住




2004-2015 URAMACHI-MONOGATARI © Yu.Yanagi.

工房ジネン