序章 「むかしの裏町とむかしの子ども」

 

 桜前線が北上しはじめると、巷の野球ファンの血が騒ぐ。センバツを皮切りに、セパ両リーグの

開幕記事に加えて、大リーグ日本人選手のことしの活躍を占う予測が溢れる。

 ことに昨年は、イチローの大リーグ史上最多の262安打達成や、日本プロ野球初のストなど、フ

ァンならずとも私らの関心を引きつけるニュースが多かった。

 そして今、テレビ画面から唸り押し寄せる甲子園大観衆の選抜高校声援の波に、私のこころは

圧倒される。圧倒されながら昭和のはじめの裏まちの、小さな空き地へと心は飛ぶのである。

 暗くなるまで三角ベースや棒野球に熱中したあの幼馴染の顔々が浮かんでは消え、ぼんやり

霞んでしまうのだ。


 もうぼろぼろで、半ば壊れ掛かっている77歳の側頭葉がそれなりに働き、やっとつかんだ幼な

顔……。共同井戸の3軒北のタバコ屋の辰ちゃん、四つ辻にあった郵便局の向かいかどの八百

屋のケンちゃん、よく鉋屑をくれた南三ッ木のお兄ちゃん、そしていつもかわいい洋服でめかして

いたお寺の坊や。そのあいだに背が高く、利かん気の鍛冶屋のミヨちゃん、色白で少し病気がち

の中田紙屋の敏子ちゃん、小さくて可愛い飾り屋のミッちゃんなどなど、おかっぱ頭の、なぜか皆

着物の姿で記憶の底にちらつく。



裏町の遊びともだち


大工の見習い、南三ツ木のお兄さん、

お寺の坊や、

百瀬飾り屋のミッちゃん、

中田紙屋の敏子ちゃん、

タバコ屋の辰ちゃん、

鍛冶屋のミヨちゃん。

名は思い出せないが

ふっくらした顔の女の子。

 長野市西町生まれの私が、養子に入った父の勤め先の松本へ移り、たまたま空いていた父の

実家上島家のある北上横田(きたかみよこた)に住むようになったのは、昭和5年の春だという。

数えのみっつから11歳までの幼少年期のあらかた、松本城の町屋のはずれを北から南へ抜け

るこの町に住み暮らしたのである。           


現在の裏町周辺の様子。
赤い部分が昭和初期の裏町

 古地図によると、城の東外堀の両側に下士の家が並ぶ。現在の旧片端(かたは)町だ。そのす

ぐ東の通りが旧東(ひがし)町、ここから「町屋」になる。東町に並ぶ南北通りが上横田下横田、

多分東町のような土蔵のある大きな商家は少なく、ほとんどが職人や小店、そして長屋などから

構成されていたのではないか。あとで触れるが、下横田には芸妓の置屋が数件あり、踊りの稽古

場が通りに面していた。食べ物屋、建具屋、煙草屋八百屋も並びにあった。上(かみ)と下(しも)

の境はどの辺だったか、恐らく現今の葭(よし)町信号のあたりではなかったか。


 断っておくが、この上下横田は、現在の行政区の横田ではない。旧幕時代には上横田下横田

とも寺町通りで、北は安楽寺から長称寺、林昌寺そして恵光院と正行寺が並び、女鳥羽川の直ぐ

西の重要な防御線だった。もっとも、それは戦国の世のこと、寺々の間に、さして大きくはない町

屋が点在し、閑静な今の裏町通りになっていったのだろう。下横田は、軒並み飲み屋街に変貌し

て、庶民の憩いの場となった。


 けれど、小さい小さい頃の私の記憶を拾うと、裏町には庶民の、いや町人の精気が満ち満ちて

いた気がする。少ない空地や小路に、子どもだけが知っている抜け道に、疳高い歓声がこだまし

ていた。鉋が板を削る音はしゅるしゅると快く、豆腐屋の源おじさんの太い腕が回す大きな石臼

のごろごろで朝を知る。ふいごがごうごう唸ればとんかあんとミヨちゃんのお父さんの気魄が伝わ

って来る。

百瀬飾り屋のおじさんの魔法のたがねが牡丹を咲かせる手際を、息を詰めて覗く女の子たちの

輝く顔。父ちゃん偉いんだョと得意そうに笑うミッちゃん。


 そんな思い出を手繰っていたら、忘れかけていた昔遊びのいろいろが甦った。三角ベースや棒

野球だけでなく、釘さしビー玉メンコパチンコ紙鉄砲、足がっこに花いちもんめ、そして縄とびと、よ

くまあ飽きもせず遊んだと呆れる。今どきの子に昔遊びは無縁のものかとも思うが、爺婆(じじば

ば)と交わす咄(はなし)のタネになるのかもしれない。遊びかたの詳細は雲のかなたに漂ってい

るが、思い出す順に紹介してみようではないか。 (つづく   目次
 


2004-2015 URAMACHI-MONOGATARI © Yu.Yanagi.

工房ジネン